性病とはどんな病気のことを指すのでしょうか。

 

性病という言葉を耳にする機会があっても、では性病とはどんな病気か具体的に考えることはあまりないかもしれません。

 

性病とは4つの疾患を指します。性病とは、淋病(りんびょう)、梅毒(ばいどく)、軟性下疳(なんせいげかん)、鼠径リンパ腫(そけいりんぱしゅ)という4つの疾患です。この4つは細菌性疾患で、1945年に定められた性病予防法で性病として指定されているのです。

 

この4つの性病とは細菌性疾患なのですが、ウイルスやカビ、微生物が原因で引き起こされる性感染症というものもあります。これはヘルペス、クラミジア、カンジダ、コンジローマ、HIVなどです。

 

性病と性感染症は原因が細菌かウイルス・カビ・微生物かということで区別されますが、性病と性感染症のちがいとしてあげられる点に症状のわかりづらさということがあります。性病に比べて性感染症は自覚症状がないことが多いのです。

 

症状がわかりづらいので感染していても感染の自覚がありません。そのため感染に気付かないでパートナーに感染させたり、治療が遅れて病状が進行してしまうといった危険性が高いと言われます。

 

性感染症の病状が進行すると不妊になることもあり、できるだけ早く検査を受けて適切な治療を始めることが大切です。体調がこれまでと違う、と感じたら、たいしたことではないと自分に言い聞かせたりしないで検査を受けるべきです。病院での性病検査は抵抗があるという方はぜひ郵送検査を利用してください。





カテゴリー : 性病の基礎知識