クラミジアは日本で感染者が一番多い性感染症と言われます。原因となるクラミジアは細菌とウイルスの中間に分類される微生物です。生きた細胞の中で増殖するクラミジアですが、感染してもすぐには症状が出ないことが多く、感染を自覚しにくいのが特徴です。

 

でもクラミジアはあらゆる性行為によって感染するという特徴もあるので感染の機会が多いというリスクがあります。クラミジアに感染しているという自覚がないまま、パートナーに感染させてしまうケースも多いのです。

 

クラミジアに感染している状態ではエイズウイルスをはじめとする性感染症に感染しやすくなっています。またクラミジアに感染していてもそれに気づいていなかったり、感染に気付いていてもたいした症状ではないからと治療をせずに症状を進行させると不妊症の原因のひとつとなってしまうのです。

 

とくに感染の自覚をしにくいのが女性です。クラミジアに感染している女性の多くが何の症状も感じないので治療が行えません。治療をしないと子宮外妊娠、不妊症といったリスクが高まるだけでなく、クラミジアに感染している状態で出産をすると新生児が結膜炎や肺炎を発症するリスクも高くなります。

 

自覚症状はないけれどクラミジアに感染しているかもしれないという不安を感じている方は念のため検査を受けることをおすすめします。早期に治療を始めて症状が進む前に完治させることも大切ですが、パートナーに感染させてしまうことを避けることも忘れてはいけません。感染している可能性が考えられるなら、まず検査を受けるようにしましょう。





カテゴリー : 性病の基礎知識